クリニックブログ

2017.06.09更新

6月10日(土)6月24日(土)7月22日(土)の富栄先生の外来は休診となります。

院長外来は通常通りです。

投稿者: 村上クリニック

2014.02.04更新

男性更年期障害のご相談の方はホルモン検査が必要な場合がありますので月曜、火曜、金曜、土曜の午前中にご来院下さい。

投稿者: 村上クリニック

2014.02.04更新

女性特有の悩みとされていた更年期障害ですが、最近では男性にも更年期障害があることがわかってきました。
加齢に伴って男性ホルモンが低下することで性欲低下や勃起障害だけではなくなんとなく調子が悪い、だるい、睡眠障害、集中力低下、発汗、ほてり、動悸など多彩な症状も呈します。
また男性ホルモンの低下は生活習慣病や冠動脈疾患、認知症などの発症のリスクを増加させることがわかってきました。
診断は症状スコア(問診)とホルモン検査(血液検査)で行います。
治療は症状に合わせ男性ホルモン補充注射などを行います。

投稿者: 村上クリニック

2012.04.10更新

以下の様な症状で悩んでいませんか?
トイレが近い(頻尿)日中8回以上、夜間1回以上おしっこに起きるならそれは頻尿の症状です。
突然、我慢できないような尿意をもよおす(尿意切迫感) 突然トイレに行きたくなり我慢するのが難しい症状を尿意切迫感と言います。
急に尿をしたくなりトイレまで我慢できず尿が漏れてしまうことがある。(切迫性尿失禁)
くしゃみや咳をしたとき、重いものを持ったりしたときに尿が漏れることがある。(腹圧性尿失禁)
こんな症状がある方は過活動膀胱または腹圧性尿失禁の可能性があります。治療で改善することができます。恥ずかしがらずに気軽にご相談ください

投稿者: 村上クリニック

2012.04.10更新

潜伏期間3日から7日間で、性器に小さな水ぶくれ(水泡)ができます。やがて潰瘍となり乾いて治っていきますが、ウイルスは体に残り、疲労や性行為などで再発することがあります。
治療は抗ウイルス薬の内服や外用があります。1週間程度で治癒しますが再発を繰り返す場合は内服薬を続ける再発予防法もあります。

投稿者: 村上クリニック

2012.03.13更新

前立腺は尿道を取り巻くように存在し、精液の一部を分泌したり、筋肉の収縮により排尿を調整したりしています。
前立腺肥大症は、加齢とともに肥大した前立腺がおしっこが出にくいなどの症状が現れる病気です。
主な症状
おしっこをした後にまだ残っている感じがする。(残尿感)
おしっこが何度もとぎれる。
おしっこをしてから2時間以内にまたトイレに行く。
おしっこを我慢するのが難しい。
おしっこの勢いが弱い。
おしっこの時におなかに力を入れる。
夜中におしっこをするために何度も起きる
治療
  治療には薬物療法と外科的治療などがあります。ほとんどの場合まず最初は薬物治療を開始します。

投稿者: 村上クリニック

2012.03.13更新

症状
男性 尿道のかゆみや熱っぽさから始まり、粘液や黄色い膿が出ます。
排尿時の痛みが激しくなります。
女性 男性より症状に気づきにくいです。
治療
抗菌薬が有効ですが、最近は内服の抗菌薬に耐性をもつ淋菌が増加しており
注射が必要になる場合があります。必ず医師の診断を受け、セックスパートナーと
一緒に完全に治す必要があります。

投稿者: 村上クリニック

2012.03.12更新

症状
女性 普通は無症状です。症状があってもオリモノガ少し増えるとか、軽い痛みくらい
ですが、進行すると卵管炎、腹膜炎、不妊症の原因となります。
男性 排尿時の尿道の痛みと尿道からの分泌物ですが、症状が軽く気づかないこともあ
あります。
検査
尿や分泌物、おりものを検査します。
治療
抗菌薬の内服が有効です。必ず医師の指示に従い、セックスパートナーと一緒に完全に
治すことが必要です。

投稿者: 村上クリニック

2012.03.12更新

性行為で感染する病気を総称して 性感染症(STI) と言います。最近は若い人たちを中心に流行しています。ウイルス、細菌、原虫などが、性器、泌尿器、肛門、口腔などに接触することで感染します。症状が軽かったり、無いこともあり、知らぬ間に進行していることがあります。
性行為とは  膣性交、口腔性交(オーラルセックス、フェラチオ、クンニングス)、肛門性交(アナルセックス)など広い意味での性行為も含みます。

投稿者: 村上クリニック

2012.03.12更新

当医院では、受付に伝えづらい方へ受診カードをご用意しております。
なお、初診でご来院される方は下記ページをプリントアウトしてお持ち下さい。
うす毛・抜け毛(AGA)を受診希望の方

1

EDを受診希望の方

1

投稿者: 村上クリニック

クリニックブログ 初診の方で診察の事前申込をご希望されるはこちら ドクターズファイル